雲三昧 -雲と空の記録と独り言-

2019年8月末にYahooブログから引っ越してきました。 雲好き高じて気象予報士(No.6926)に。 雲と空のアレコレと管理人Akinokoの独り言。 WebPage「雲と空の休憩室」 : http://www1.linkclub.or.jp/~kinoko/    Facebook : https://www.facebook.com/akio.murai.5   そして雲の本もよろしくお願いします!!

2007年11月

今朝、外に出て見ると高度の低い太陽に照らされた美しい高積雲が空を覆っていました。隙間が多く「すきま雲」と呼ばれるものです。高積雲は朝夕が特に美しいのです。 ...

今日は朝から美しい雲の連続。高積雲・巻積雲が空を踊っています。空気が澄んで空が青いと、雲はいっそう美しく見えます。青と白、そして高積雲の雲底の陰のコントラストがきれいです。 ...

今日は良い天気でしたが強い風が吹き、午後は肌寒い日でした。午後遅くから、その強い風にあおられるように断続的に高積雲の波状雲がみられ、夕方にが沈むまで見え続けました。 ...

昨日はぽかぽか良い天気でした。 2002年に飛行機雲による巻雲・巻層雲が気候に大きな影響を与えているという論文が発表されています。実際長く雲を見ていると、巻雲、巻積雲、巻層雲の多くが飛行機雲由来であることを実感します。飛行機雲は発達し、時には全天を覆う ...

先週とはうってかわってぽかぽか陽気が続きます。今日は飛行機雲のオンパレード。飛行機雲が大きく発達し、空に広がっていました。その飛行機雲で美しい環天頂アークができ、空に色を投げていました。 ...

朝起きると屋根に雪が積もっていました。初雪です。タイヤもそろそろ交換しなければならない時期になりました。 昼前からは天気は回復し気持ちの良い青空に巻雲・巻積雲が舞っています。 ...

朝から快晴。気温も19℃まで上がりましたが、午後は一転して乱層雲が空を覆い、雨となりました。天気予報で「午後からあめ」といっていたので、ぴったし。 これからは、乱層雲に毎日のようにお目にかかることになる金沢です。 ...

昨日まで大荒れ立ったのに今日はうってかわって晴天。空には巻雲・巻積雲が飛んでいました。明日からはまた天候が下り坂。冬の足音が迫ってきています。 ...

今日は一日乱層雲の下。で、こんな日は、宣伝をすることにします。 12月に雲の図鑑「雲三昧」を、橋本確文堂より出版することになりました。特別な場所ではなく、街中や普段の生活のなかで楽しめるいろいろな雲たちの様子をまとめた、いわば普段着の写真図鑑です。 ...

飛行機からの雲シリーズ最終回(?)です。 雲頂を見ることができるのは、山登りをする人と、飛行機に乗っている人だけです。でも上から見ると、「下からはどんな風に見えているのだろう」と思うのです。決して同時には見れない2つの景色です。 ...

北海道から羽田への移動中、窓からは幻日・映日・映幻日というさまざまな現象が見られました。映日・映幻日は飛行機からでなくてはほとんど見られない、現象。幻日も、写真でわかるように下層の厚い高層雲の存在で、地表からは絶対見ることができません。いわば飛行機に乗っ ...

北海道滞在2日目。昨夜はなんと牡丹雪が降りました。北海道はもう冬です。 今日は夕方、太陽柱(サンピラー)が見えました。空気中の氷の結晶(氷晶)によってできる現象ですが、11月の初旬のそれも夕方に見られるとは、やはりこちらは寒いということの証です。 ...

羽田ー女満別移動中の画像です。 上層には巻雲、下層には高積雲。その中間を飛んでいます。両者の高さが明らかに異なることがわかります。飛行機から見ると雲の立体感がはっきりとわかります。 ...

北海道へ移動中 その2 雲の立体写真です。高く浮かぶ雲が、海面に影を落としているのがわかります。地上からは味わえない世界です。 ...

所用で北海道へ移動中です。羽田で乗り継ぎ待機中。 飛行機に乗るときは早めに窓側の羽根のない座席をとっておき、たっぷりと雲を楽しむことにしています。今日のメインは巻雲。間近で見る巻雲は繊細で美しいです。でも写真にはなかなかうまく写らない、あの透明感。 ...

今日は朝から気持ちよい天気です。空にはもつれ状の巻雲(巻雲のもつれ雲)が乱舞しています。金沢は11月下旬になると天候が急変することが多いので、秋の空を楽しめるのもあとわずかです。 ...

今日は一日優れない天気でした。久しぶりに福井県立恐竜博物館を見てきましたが、さすがだなぁという感じでした。我が石川県は福井・富山に囲まれて、科学に関するまともな施設がないという情けない状態です。 さて、画像は昨日の朝見られた彩雲。太陽が画像の上の方にな ...

飛行機雲の氷晶が落下し、それによって高積雲の水滴が食われて高積雲が分断されてできた雲です。中央が飛行機雲。飛行機によって単純に雲が蒸発して穴が空いた状態になるものを消滅飛行機雲と言いますが、これは飛行機雲自体も残っているので「消滅飛行機雲風の雲」とでも呼 ...

今日は朝、起きて窓の外を見ると見事な高積雲の波状雲が速い速度で流れていました。その後雲のようすはあっという間に変わっていき、粒状の高積雲、高層雲へと変化していきました。 画像は変化途中の高積雲。 ...

12月に雲の図鑑「雲三昧」を、橋本確文堂出版より出版することになりました。 特別な場所ではなく、街中や普段の生活のなかで楽しめるいろいろな雲たちの様子をまとめた、いわば普段着の写真図鑑です。 写真は大きめな写真をオールカラーで144ページにおよそ180 ...

今日は朝から雨。どんよりとした雲が空を覆っています。 昨日の空は大騒ぎでしたが、その中からもう一枚。巻積雲の乳房雲です。対流圏上層の雲のひとつである巻積雲は、形状が安定せず変化も早い雲です。その変化の中で見事な乳房状の雲を見せてくれました。これほどはっ ...

↑このページのトップヘ