雲三昧 -雲と空の記録と独り言-

2019年8月末にYahooブログから引っ越してきました。 雲好き高じて気象予報士(No.6926)に。 雲と空のアレコレと管理人Akinokoの独り言。WebPage:「雲と空の殿堂」、雲の本もよろしくお願いします!!

2016年05月

観測室を使う一番の利点は、機材の出し入れの必要がなく、大型の望遠鏡を常時設置したままにしておけることです。 ただ、機材が大型になると観測開始1時間ほど前には屋根を開けて、観測所内と望遠鏡を外気温と順応させておく必要があります。  観測室壁には換気 ...

私の本、「雲のカタログ」の発売から5周たちました! この本は私の2冊目の雲の本であり、そして初めて商業出版された記念すべき本です。 おかげさまでロングセラーとなり、現在でも増刷も重ね、さらに韓国版も出版されています。 この本がきっかけでその後も5冊の本 ...

土星・火星がシーズンを迎えています。 写真は今夜の土星。 CMOSカメラによる動画撮像からの写真は、機材も揃いやっと撮像をはじめたばかりで、まだまだ。 テストを続けていますが、PCの速度(あるいはUSBの転送速度)も不足していますし、設定もまだまだ研究中。少しず ...

暑い1日でした。 北海道北北見市ではなんと32℃になったそうです。 写真は今日の高積雲。 ...

久しぶりに見上げた空に22度ハロ。 転勤してから空を見上げる余裕さえなく、いったい何をしているのかと考えてしまう自分。 何かが違う。これでは自分が枯れてしまいそう。 ...

雲のブログのはずなんですが、自分自身のログと言うことでまたまた月で、、、。 アルプス谷(左)とアリストテレス(右上)、ユードクソス(右下)の各クレーター。アルプス谷の周辺のざらざらした感じがおもしろいです。 μ250CR + ASI120MM ...

またまた月のテスト撮影。 上弦の月の頃は眼視でもとてもすばらしい眺めですが、これをうまく写真に収めるにはどうしたら良いか試行錯誤中。 動画による撮像→スタック処理→画像の作業は時間がかかるので、休日の夜に晴れるとテスト撮影と検討が進みます。 今の問題は1 ...

昨夜の月。撮像のテスト画像です。 画像を小さくしてある小さのでそれなりに見えますが、大きい画面(すなわち等倍)で見ると甘さばかりが目立って全然よくありません。 本当に難しい!おまけに30分ほどで撮影した動画ファイルの容量が37GBにもなります。容量、スピ ...

先ほど帰宅したら、私の天文台のスライドルーフを作ってくれた”ニッシンドーム”さんからの1通の封書が届いていました。 中味はこれ。創立60周年の記念ボールペン。こういう心配りはうれしいです。設置後もニッシンドームとつながっているという証拠ですから。 60周年 ...

GWももう終了。 今日の空は飛行機雲からの巻層雲に覆われて、柔らかな日差しが降り注いでいます。 太陽の周囲にはうっすらとハロができています。 写真は円周魚眼レンズで。 ...

わかる人だけ、わかる話。 私の所有している、3冊の中谷宇吉郎のSnow Crystals : Natural and Artificial , Harvard,(1954)のうち1冊の表紙裏には中谷先生のサインが記されています。(なんで3冊も同じ本を持っているのかという問題は今は置いておいて)  Dr & Mrs.Mar ...

ちょっとテスト撮影した木星。左右に衛星が2個見えています。 それにしても、気流が悪い日が続いていて、どうも長時間の撮影ができません。いつになったら本当に良い姿をみることができるのでしょうか? ...

昨日の積雲。 強い風で青い空に積雲がどんどん流されていきました。 風が空気中の塵を飛ばして青い空を作っているのでしょう。     ...

こうやって自分の本が並んでいるのを見ると、今でも何となくうれしいものです。この店には私の本が全て並んでいました。   東京や北海道などで出会うと旅先で友人に会ったみたいな気持ちになります。   ...

先日、中谷宇吉郎雪の科学館にお伺いしたときに特別に見せていただいた、中谷宇吉郎が十勝岳で撮影した雪結晶の写真乾板の原本。   大変保存が良く、80年も前の結晶の姿が鮮明に残っています。 この1枚にどれだけの労力と熱意が込められているかを考えると、感動すら覚 ...

4月初旬からようやく月の撮像の機材準備ができ、少しずつテストしています。   撮像に使うカメラは「月世界への招待」http://mo.atz.jp/ ですばらしい月の写真を見せてくださっている東田さんと同じASI120MM。望遠鏡の接眼部に付いている赤色の小さな丸いものがカメラで ...

昨日の登山の出発時の巻積雲。このあと雲は厚くなり、全天灰色に。 どういうわけか、山に登るときには良い雲(美しい雲)が少ないような気がします。せっかく1日空を見る環境ができるのですが、なんでだろう?雲を撮るためのカメラは持って行くのですが。   ...

↑このページのトップヘ