イメージ 1

今日は朝から曇り空。層積雲の下部が乳房雲になっています。

雲の種類は大きく10種しかないのですが、これをさらに並び方や形状によって分けて呼んでいます。例えばこの「乳房雲」やさざ波のようになった「波状雲」、凸レンズ状の「レンズ雲」、尾を引いた「尾流雲」。どれも単純な見た目通りの名前なのですが、これがとても見分けやすくて都合がよいのです。

10種雲形では、中くらい高さにあるくもに「高○雲」と名前が付いていたりするので一般の人には覚えにくいのですが、「レンズ雲」といえば誰でも形を思い浮かべることができます。