イメージ 1

羽田ー女満別便で移動中、13:15頃しばらくの間でしたが強烈な22度ハロが見られました。太陽高度が高く、飛行機の窓から見上げるのは大変厳しかったのですが、本の30秒ほどの間、46度ハロ(外暈)が見られました。

狭い窓から太陽と内暈・外暈、それに飛行機の翼を入れての写真を撮るのははつらいものがありましたが、とりあえず1枚。写っている範囲だけでは環水平アークと区別がつきにくいのですが、肉眼で確認と言うことで間違いないでしょう。

なかなか見られない、46度ハロの下半分です。