イメージ 1

朝のうちはちょっと空気が湿っぽく、霧雨が舞っていました。

金沢の南の山の方を見ると層雲が山肌にべったりくっついていたので、車で10分ほど移動して流れる様子を見ていました。

層雲は山付近でできやすいのですが、山の近くは送電線の鉄塔と電線がそこら中に走っていて、これらを入れずに写真を撮ろうと思ったら、結構大変です。

街中での電柱と電線も結構雲を見るものにとっては邪魔で、電線のない撮影場所を探して走り回ることもあります。雲好きにはそれなりの苦労もあるのですよ。