イメージ 1

天気が回復し、今日は暑い1日になるという予報。

ここ数日肌寒く、雨が降っていましたが、これは上空に「寒冷渦」という冷たい空気の渦があったからです。この渦ができると悪天候が続くと言うことが知られています。

ひまわりの画像で見ると、
上が天気の悪かった7日の画像で日本の上空に気持ち悪い渦があるのがわかります。下は今日(9日)の画像。一転して穏やかな雰囲気だと言うことがわかります。

この画像は「水蒸気画像」といって、普段天気予報でみる雲の画像とは違って「中・上層の水蒸気の多さ」を見るためのものです。白いところが水蒸気が多い(しめっている)、暗いところが少ない(乾いている)ということになります。当然雲も水分ですので、中・上層の雲の様子もわかります。

地上ではわからないけど、私たちの頭の上ではグルグルと空気が渦巻いていたわけです。
で、上の画像で「気持ち悪い渦」の日本の上空にもろに厚い雲があるのがわかりますね。