イメージ 1

嫁さんのタイヤをスノータイヤに交換しました。寒いわ腰は痛いわ。


東北の日本海側は大雪で90cm以上の積雪だそうです。

ひまわりの画像で見てみましょう。

朝鮮半島の北から厚い雲が新潟~東北地方に伸びています。これは大陸からの冷たい空気が、朝鮮半島の北にある山岳地形を南北に分かれて回り道して、日本海に入って再びぶつかってできた「収束帯」(空気の集まるところ)です。 

この収束帯では上昇気流が起きやすい上に、日本海からの大量の水蒸気が含まれるため湿っぽい空気となって、厚い雪雲を作ります。

で、この雲がまともに東北にぶつかっていますね。

更に、見てのとおり日本海を大変長い経路で横切っているのでその分水分を多く含んでいて、雪をたくさん降らせることになるわけです。


これが北陸に当たると金沢や富山が大雪になります。あー危ない危ない。