イメージ 1

屋久島と済州島の南(風下側)にできたカルマン渦です。
昨日の気象衛星画像です。

冬型が少しゆるみ、北西の季節風が弱まるとき時々見られます。
雲の高さがこれらの島の高さより低く、風の方向がそろっていると言う条件のときにできます。つまり雲は下層の層積雲だと言うことです。

屋久島のカルマン渦がこれほどはっきり見えることは比較的少ないようです(私の見た限りはですけど)。


おもしろいでしょ?

画像は高知大学気象情報ページの物を私の方でトリミング・処理してあります。