今年2012年は、雪の研究で有名な中谷宇吉郎の没後50周年。
先日これを記念して、生誕の地、石川県加賀市で記念行事が行われました。
同時に、これに合わせて日本雪氷学会北信越支部の大会も行われたのですが、その夜の懇親会で出てきたお酒がこれ。
 
純米大吟醸「宇吉郎」。宇吉郎生誕の地で採られた酵母を使用していると言うことで(どんな風にして採ったんだろう?)、まさしく中谷宇吉郎直系のお酒です。
 
ラベルも写真の通り、雪の結晶。おいしくいただきました。
 
イメージ 1
 
しかし、作っているのがどういうわけか愛媛県の酒造会社なんですよね。地元で作って欲しかったなぁ。