今日は朝から雨。
いつも仕事場として使っている隠れ家で、学位審査のための作業中。
 
イメージ 1
 
 
独り言
akinokoはこともあろうに、仕事をしながら北海道の北見工業大学大学院博士課程に在学して(お世話になって)います。入学したのはもう5年も前。そのうち2年間は仕事を休職して(つまり所得ゼロです!)、雪結晶の勉強・研究をしてきました。
 
これまで、わからないままに苦労しながら(迷惑をかけながら)、実験し、その研究結果をまとめた論文を書いたりしていましたが、7月末にとうとう学位審査がやってきます。現在は仕事をしていますから、当然作業ができるのは、仕事の入らない土曜、日曜。正直、気持ち的に疲れてきた感じもしていますが、とうとう「ゴールが見える場所までたどり着いた」というところです。
 
これまで5年間ずっと何かに追われてきた感じがしています。やりたくて入学した大学院ですが、やはり仕事と同時に進めるのは、気持ち的にも生活的にも結構つらいものがあります(というか、やってわかりましたね、難しいということが)。
 
どうしても、仕事場にも迷惑をかけることがあったりして、それがまた気分的に苦しさの原因になります。
 
とはいえ、ゴールが見え始めたらそこまで走りきるしかありません。
 
学位審査は7月下旬。順調にいけば9月に晴れて学位授与となります。
あと3ヶ月、、、、、何とか進んでいきましょう。その先には何があるのでしょうか?何もないかな?
 
akinokoの明日はどっちだ!