下から積雲・高積雲・巻雲の3つのレイヤーの雲が重なっています。
3Dにすると大気の立体的な構造がよくわかります。
 
イメージ 1