今日jも飛行機雲がたくさん見られました。
 
飛行機雲は英語で「condensation trail」といいます。直訳すると「凝集した航跡」という感じ。
飛行機の排気から出る水蒸気と小さな塵で、空気中の水蒸気が凝結して水滴(さらに氷晶)となっててできるからです。
 
飛行機雲が生まれてしばらくすると、飛行機雲を作る氷晶は水蒸気をえさとして成長し重くなって、そのうち落下し始めます。風が強くなければ(正確には風のシアがなければ)、写真のように「タラーリ」と飛行機雲が溶けて落ちてくるような形状になります。「さかさダルマ」などと呼ばれているようですが、飛行機雲を観察していると結構見られます。
 
イメージ 1