飛行機雲の組織です。
氷晶が成長して、塊状に丸く垂れ下がるように落ちて膨らんでいます。
同時に周囲にある雲を「食べて」まわりの雲が消えてしまっているのがわかります。
 
イメージ 1
 
イメージ 2