12時半頃空を見ると、雲ひとつありません。木星を撮ろうとしていたときは全天曇だったのに。
あわてて、再度ルーフを開けて準備。火星のサンドストームがどうなっているかが気になります。
気流がまあまあ良い感じで、土星はかなりシャープ。火星は大シルティスあたりが見えていて、ストームは少しは収まってきたのかなという感じですが、極冠は半分以上ストームに覆われているようです。
...
それにしても、Wカップは見なきゃいけないし、火星は心配だし、、、夜は忙しいです。

イメージ 1

イメージ 2

TOA150B + 5*Powermate + ADC + ASI290MC
土星:6000フレームから50%
火星:10000フレームから50% スタック処理

火星は現在視直径が19"ほど。
最接近時は24.3"ですからまだ25%以上大きくなります。