巻積雲にできた、非常に明るい彩雲(光環)です。
彩雲と光環は同じ原因でできる色づきに別の名称が付いたモノで、一般的に太陽を中心とした同心円状になるモノを「光環」、雲の濃淡など雲の形状に色づくモノを「彩雲」と呼びます。

色づきが要は雲の形状に左右されるかどうかなのです。普通は高積雲などの雲片の縁に沿ってできるものを彩雲と呼ぶことが多いのですが、巻積雲の場合はちょっと難しいことも。
というわけで、その境界線の現象もあるのです。

イメージ 1



Akinokoのウェブサイト「雲と空の殿堂」!