雲三昧 -雲と空の記録と独り言-

2019年8月末にYahooブログから引っ越してきました。 雲好き高じて気象予報士(No.6926)に。 雲と空のアレコレと管理人Akinokoの独り言。 WebPage「雲と空の休憩室」 : http://www1.linkclub.or.jp/~kinoko/    Facebook : https://www.facebook.com/akio.murai.5   そして雲の本もよろしくお願いします!!

カテゴリ: 執筆・講師・出演等

たくさんの方に愛読していただいている拙著「空の図鑑」, 2014, 学研,が、なんと在庫切れ(!!)になったことが判明。今日、手元に常に10冊ほど置いてあった自分の雲の本「空の図鑑」の手元の在庫がなくなったので、学研の編集に連絡して、送ってもらおうとしたら、、、、- ...

先日質問を頂き、コメントした北海道新聞の白虹の記事の掲載紙が送られてきました。記事がちょうど折り目にあるので、写真はしわだらけですが、これが1面にあるとやっぱ目にとまります。少しでも空に目を向けてくれる人が増えたら良いですね。Akinokoの新しいウェブサイト「 ...

草思社の久保田さんからお知らせ頂いた。4月26日の読売新聞「”ゴールデンウィーク わたし流読書 こころがなごむ本”特集」で、私の雲のカタログが紹介されたそう。アマゾンでは即刻「売り切れ」。入荷はいつになるかわからないという。せっかくの機会なのに、、、残念。出版 ...

帰宅したら、郵便受けに大きな封筒が。差出人は「農文協」とある。→「⁇」開けてみるとこの本「農家が教える、天気を読む知恵とワザ」がはいってた。「⁇」。ページをめくっていくと、私の撮影した写真。→「あー、あれか」。4年前に、記事に使いたいというので、なんか提供 ...

わーい、天文年鑑2020にわたしの撮った火星の写真が掲載されました。大杉さんから「載ってるよ」と連絡をいただき、はじめて知りました。すぐに近くの書店へ行って購入。それにしても、事前に連絡無いんですね。昨年の天文ガイド12月号で最優秀を頂いた写真ですが、最優秀賞 ...

ちょっと前の話。読売新聞の記者さんから問い合わせがあって、いくつか返答した内容が囲みに掲載されました。まあ、たいした内容じゃぁないんですけど、私の回答とニュアンスがずれているのがまた気になる。 ...

ヤフオクはよく利用します。でも、自分の名前で検索をかけると、自分の著作が出て来るので、ちょっと複雑。 今日は7冊出品されていました。 中古本って、流通しても著者には何のメリットもないばかりか、新本がその分売れなくなるんですよね。 ...

知る人ぞ知る、大気光象シミュレーションソフト「Halosim」。氷晶による大気光象を再現できます。 でも、多機能故に結構使い方が取っつきにくいと言う声を聞きます。 で、基本操作ガイドをつくりました。使ってみたい人は、参考にどうぞ。雲と空の殿堂 http://www1.linkcl ...

ご報告。 月間「天文ガイド誌」8月号、読者の天体写真・観測写真の部に、「準惑星マケマケ、ハウメア 1日の動き」が入選しました。 天文ガイド誌には、昨年12月号で最優秀賞を頂いて以来の以来の応募、入選です。これで、天文ガイドは4勝1敗。 ...

Akinokoの雲の本、「雲のカタログ」がさらに重版! 初版から8年。今も愛され続けています。 感謝感激! ...

野々市市の大型書店、明文堂に「青」をテーマにしたコーナーがつくられ、私の本が2つ置いてありました。 なんか嬉しいもんです。 この書店の陳列は、いつもとても工夫されていて、感心します。 ...

月刊「星ナビ」から、現金書留が送られてきた。 2月号のギャラリー入選の賞金。 それにしても、現金書留というものを久しぶりに見た。天文ガイドは口座を登録しておけば振込で入金されるので。 前回の天文ガイドの最優秀作品の賞金はスノーシューに変わったので、今度 ...

月刊「天文ガイド」誌 11月号に「遠ざかる木星」が入選。 9年ぶりに天文ガイドに投稿した2作品のうちの1枚。自信のあった方が選外。これで、天文ガイドは2勝1敗です。 Akinokoのウェブサイト「雲と空の殿堂」! http://www1.linkclub.or.jp/~kinoko ...

あえて、言わせていただきます。 テレビ朝日「天才キッズ 全員集合」。 製作会社から拙著「雲のカタログ」の画像を貸して欲しいと企画書が送られててきて、出版社の方から20枚(!)あまりの画像を貸し出しました。20枚というのは貸し出す方の手数も結構大変です。 「収 ...

1月20日付の北海道新聞の記事に私の装置が紹介されています。 ...

自然人最終号、2017冬号が届いた。 素晴らしい紙面に仕上がっている。 14年地域の自然情報を伝えてきたノウハウが消えるのはもったいない。 9年間続いた自分の連載が終わるのは淋しい。 ... これも時の流れか。 自然人ネット: http://shizenjin.net/ ...

自然人(橋本確文堂)2017年秋号No.54が発送られてきました。今号のテーマは「石」です。(アマゾンで購入できます) 私はこの本に9年間36回、雲と空の記事を連載させてもらっていますが、残念ながらこの本は次号・55号で休刊となります。 北陸の自然と文化を追い続けた季 ...

今日11時現在のAmazon「地球科学」部門の売れ筋ランキング。 拙著「雲のカタログ」が3位に浮上。例年夏にランキングが上がるのですが、久しぶりの1位奪還はあるのでしょうか? 雲のカタログも出版から6年経過して、「長年愛される本を」という最初の目標通り、継続して ...

四月に取材を受けたミツカンの広報誌「水の文化」が完成し、送られてきました。 50ページもある堂々とした冊子で、内容も科学、歴史、文化、生活、芸術など多方面から雲に迫っていて、新しい発見もあって読みごたえがあります。巻頭8ページが私の記事。 ミツカン水の ...

英語勉強もかねて、ある本を翻訳しています。 翻訳って、ホント難しい。英語を読んで内容は何となくわかっていても、それを通りのよい日本語に変える作業は英語を読むよりずっと難易度が高いです。 翻訳には、 1.英語を読む力 + 2.その本の分野の専門知識 + 3 ...

私の雲の本も7冊になりました。 写真はそのうちの5冊。 興味があったら、是非買ってください。ただいま8冊目も構想中。 ...

ミツカン(お酢で有名な会社ですね)の広報誌の取材がありました。 雲についての話を聞きたいと、当初2時間半くらいの取材と言うことでしたが、10時から始まった取材が終わったのは16時。結局6時間のロングラン。終始和やかな雰囲気で雑談的に話が進んでとりあえず終了。 ...

数日前から雲の見本帳電子版が普段の半額の999円で販売されています。 著者である私もその理由がわからないのですが、なにしろタブレットで使いたい方には超お買い得です。 この機会に是非どうぞ。いつまでこの価格が続くのかわからないのでお早めに。 下の画像をクリッ ...

秋雨前線が去ると青空と雲が美しい季節です。 二度とないこの瞬間を見つけたい・写真に残したい! そんな人に、視点と基礎知識、撮影のノウハウを詰め込んだ1冊。 「雲の見本帳 -基礎知識と見つけ方、撮り方がわかるビジュアルガイドー」 MdN 税込み2160円 ...

私の雲の本「雲のカタログ」がアマゾンの地球科学部門ランキングで1位に返り咲きました。 出版して5年、「長く愛される本を作りたい」という最初の思いが現実となっているようで、うれしい限りです。 夏は雲の本が売れるのです。 ...

夏も終盤。 これから空は青さを増し、雲が美しい季節がやってきます。 雲や空を写真に残してみませんか? 雲の見本帳 ー基礎知識と見つけ方、撮り方がわかるビジュアルガイドー 雲の見つけ方と写真に残すためのアイディアを詰め込んだ1冊! 全国の書店、ネット書 ...

今年発行の啓林館、高校「地学基礎」教科書に雲の写真を提供しています。 機会があったら見てみてください。 ...

私の本、「雲のカタログ」の発売から5周たちました! この本は私の2冊目の雲の本であり、そして初めて商業出版された記念すべき本です。 おかげさまでロングセラーとなり、現在でも増刷も重ね、さらに韓国版も出版されています。 この本がきっかけでその後も5冊の本 ...

こうやって自分の本が並んでいるのを見ると、今でも何となくうれしいものです。この店には私の本が全て並んでいました。   東京や北海道などで出会うと旅先で友人に会ったみたいな気持ちになります。   ...

↑このページのトップヘ