雲三昧 -雲と空の記録と独り言-

2019年8月末にYahooブログから引っ越してきました。 雲好き高じて気象予報士(No.6926)に。 雲と空のアレコレと管理人Akinokoの独り言。WebPage:「雲と空の殿堂」、雲の本もよろしくお願いします!!

カテゴリ: 雪結晶・積雪現象

チンダル像という物を知ってますか?詳しいことはここには書きませんが、氷に光が当たって内部から融けていくときに、六角形に融けていき、雪の結晶のような模様ができる現象です。自分の専門は雪結晶ですが、ちょっとこっちの実験を進めてみようと準備しています。写真は今 ...

志賀滞在最終夜。 雪待ちです。 気温はマイナス5.4℃と高いので、気温もさがつてもらわないと。 昨夜の結晶を少しまとめてみました。 バリエーション豊富ですね。 ...

今日は昼間も気温が-11℃前後と冷え込んでいたので、雪が落ち着くのを狙っていました。 午後3時過ぎ小降りになって、午後4時から30分だけきれいな結晶が降って来ました。 写真は、わずかな時間に出会えた結晶の中で一番の美人さん。いま、雪がやんだので、バックア ...

志賀遠征第1夜は一晩中吹雪状態で、結晶撮影どころではありませんでした。2時間おきに観測小屋へ行きましたが、そのたびに前の足跡が雪で消えてしまっている状態。 写真は朝。愛車XVの上には一晩で60cmほど雪が積もっていました。車の周囲は宿舎の管理人さんが除雪機で ...

雪結晶プロジェクト、第7回志賀高原遠征のための機材積み込み。 これにプラスして、食料2パック、防寒着と着替えのスーツケース、PC、スキー一式などなど、満載で出動します。 忘れ物があったらおわり。 ...

志賀遠征24日、前半の結晶。 照明が今ひとつで、色調を調整しても改善しません。 昨年の遠征でつかんだはずのフィルターワークができてない! うーむ。 ...

志賀から帰宅して、撮影できた雪結晶の確認をしています。 今回も苦戦のプロジェクトでしたが、最終夜に何とか気温が下がって雪が降ってきたので、なんとか少し撮影できました。 写真はその中の1枚。なかなかの美人さんです。 ... 撮影法、機材について ...

24日の明け方から少し気温が下がり、雪もよくなってきました。それでも-9℃程度です。 写真は撮影できた写真のうち、いくつか。今回も不完全燃焼で終わりそう。 ...

志賀滞在4夜目にして、初めて雪が降ってきました。しかし、午前3時で-5.5℃、5時30分で-6.7℃までしか下がりません。 おまけに降ってくる雪は、雲粒付きの団子のようなものや写真の様な針状に無数の突起が出ている(突起は形状からみて雲粒ではないようです)物ばかりで、単 ...

5日午後3時過ぎに志賀から帰宅。我が家の駐車場には30cmほど雪が積もっていて、休む間もなく雪かき開始。 で、翌朝起きてビックリ。車が雪に埋まっています。一晩で60cmほど積もったようで、家の前の道路も完全不通状態。 それから、また1日除雪三昧。我がガラスの腰は ...

志賀最終夜。 7時過ぎから降り始めた雪は、昼間の快晴がウソのように大荒れ状態。あっという間に60cmほど積もりました。 どうしようもないほどの降りかたなのですが、最終日で収穫ゼロのまま帰るのは嫌なので、粘りに粘ってわずかに雪が弱まる状態を待つことにしました。撤 ...

空はどんより。 ネタがないので、12月末に撮影した結晶をモノクロに処理して、色を抜いてみました。カラーだと甘くなりがちな輪郭をシャープにするためです。 結構良い感じ。中谷宇吉郎の写真にはまだまだですけどね。 Akinokoの新しいウェブサイト「雲と ...

昨日10時過ぎの「斑点濡れ雪」3号。 気温は5℃。積雪は2mm程度。 積雪が少ないときの濡れ雪は直径が小さい。見ている間に、白い斑点はどんどんつぶれて(空気が抜けて)消えていった。 昨日10時過ぎの「斑点濡れ雪」3号。 気温は5℃。積雪は2mm程度。 積雪が少ないと ...

自称(笑)Akinoko's雪結晶撮影プロジェクト第4回=12月末の志賀遠征の画像をチェックしています。 結晶の状態が良くなかったので、今回も不完全燃焼でした。写真は2日目に降り続いた立体樹枝結晶です。 何か汚く見えるのですが(写真上)、ピントをすらしてみると結晶か ...

Facebookで適宜報告していますが、現在雪結晶撮影のために志賀高原に入っています。 今回は昨年までにできなかった撮影テストをしっかりとおこないたいと。 写真は昨夜撮影したもの。気温が-10℃とやや高く、結晶はどれも溶けて輪郭がシャープではなくなっています。 ...

車の轍による斑点ぬれ雪です。 積雪と路面の間にできる気泡が白く見える現象。 Akinokoの新しいウェブサイト「雲と空の殿堂」オープン! http://www1.linkclub.or.jp/~kinoko ...

今日斑点ぬれ雪が見られました。 気温は5℃。 昨日までに降った湿雪が解けて現れたようです。 ...

午後からの冬型で、ようやく雪が降って撮影に取りかかりましたが、雪が結晶ではなく大きな雪片で降ってくる状態。 単体のまともな形を保っている結晶はほとんどなく、欠けて溶けた状態で降ってくる上に、気温も-8.5℃と高いので、スライドグラス上でもみるみる形が崩れて ...

今期3回目の志賀高原遠征。 今回はニコンからお借りした新しい顕微鏡を使ってテスト撮影することが目的。   先週からの風邪で体調も良くなく、おまけに気温が高い上に雪がなかなか降ってこないので撮影に四苦八苦。 ... いつまでたっても機材が決まりません。   ...

昨年末に長野県の地獄谷野猿公苑で見つけたおもしろい氷球現象を雪氷学会誌に報告し、今日到着の会誌に掲載されていました。   かわいらしい1~5cmの氷の球が地表面に沢山並んでいる現象です。 皆さんも地獄谷へ行ったら、温泉に入るサルだけではなく、地面にも注目して ...

先ほど帰宅。 帰り道、妙高高原付近と上越付近で積雪はあったものの、富山に入ったとたん、道は完全に乾いていて雪が降った気配すらありません。   さて、今回の結晶撮影も不完全燃焼でした。何せ、雪が降ってくれなきゃ話にならない。志賀高原もかってないほどの少雪だ ...

夜9時過ぎからようやく少し雪が降ってきて、12時過ぎからやっと撮影できそうな雪になりました。   ほとんどの雪が結晶の形をしていなくて、破片や雲粒がびっしり付いているのもなどばかり。   今回も本当に苦戦しました。 撮影を終えたのが、先ほど5時20分。このあと ...

先ほど帰宅。 28日午後10時過ぎから雪がちらついてきたので、雪結晶の撮影を開始。 朝5時までぶっ続けで撮影を行いましたが、予想以上に苦戦。 結晶がみーんな雪片で落ちてきて、雲粒つきで、おまけに一回溶けたような結晶ばかり。苦戦しました。写真はその中でもまともな ...

北見工業大学を中心とした積雪の「斑点濡れ雪」の観測に協力・参加しています。少しでも自然を理解する研究の手助けになればと思っています。   写真は今冬初の「獲物」。今後はカメラを7台使って、これから本格的に網をかけていきます。 斑点生成・消散過程の動画の ...

今日のチンダル像。 よく見ると像の腕の伸びている方向が全て同じ向きであることがわかります。 つまり、氷の結晶方位が揃っている=単結晶氷がとけてできているわけです。 これを美しく、確実に見るような方法がないか?検討中です。   ...

今日のチンダル像。 氷の温度、光の強さ、時間でいろんな形状になります。同じような結晶をつくろうと思ってもどうしてもできません。難しい!今日のチンダルは花畑のよう。     ちょっとした氷の作り具合で、単結晶氷ができなくて、下のように結晶境界を境にチンダ ...

空気中の水は凍って六角形の雪になります。 氷は溶けるときに、内部から六角状にとけていきます。 知っている人は知っている「チンダル像」です。これを簡単に観察できる方法がないか検討中。   ...

寒波の間のつかの間の日差し。 きれいな雪帽ができていました。     ...

積雪が少ないときにできる斑点模様です。 今朝はあたり一面が白い水玉で埋まっていました。   ...

仕事場で。 降雪にできた模様2つ。左はこの前も紹介した「雪えくぼ」。では右は何でしょう? この2つは5m位しか離れていません。     実は、 写真左は水平面にできているのですが、写真右は画面やや左から右側に向けて斜面になっています。 そこで、溶けた雪が ...

↑このページのトップヘ