雲三昧 -雲と空の記録と独り言-

2019年8月末にYahooブログから引っ越してきました。 雲好き高じて気象予報士(No.6926)に。 雲と空のアレコレと管理人Akinokoの独り言。 WebPage「雲と空の休憩室」 : http://www1.linkclub.or.jp/~kinoko/    Facebook : https://www.facebook.com/akio.murai.5   そして雲の本もよろしくお願いします!!

カテゴリ: 天体・天文現象

朝からすごい雨音で目が覚めました。本格的な梅雨です。さて、マニアックな天体写真の話。先日からIDASのLPS-D2という、白色LEDに対応した光害カットフィルタをお借りしてテストをしています。金沢の空も例に漏れず、何の対策もなしに星の写真を撮ることができません。写真は ...

昨日の日食は、太平洋側が悪天で日本海側は比較的天気に恵まれたようです。金沢は最大食分0.482。最大食までは晴れていたのですが、その後だんだん雲が厚くなり5時40分頃にはほとんど見えなくなってしまいました。それでもこの時期にこれだけ晴れ間があったこと自体ラッキー ...

昨夜撮影した小惑星6715 トラヒコ(16.5等)です。(矢印の短い線分)急に良くなった透明度も1時間ほどしか続かず、その後はあっという間に雲が出てきて終了!写真は210秒(3分半)×10コマ=35分間露出です。トラヒコが線状に写っているのは35分間に移動しているからです。 ...

昨夜は結局、ず~っと薄雲が取れませんでした。写真は薄雲を通して撮影した、現在接近中の小惑星6514「トラヒコ」。言わずと知れた、寺田寅彦の名前がついた小惑星です。衝近いので16.5等と明るい(はずな)のですが、薄雲を通して、その上とても移動が速いのでとても写りに ...

30日薄明直前のはくちょう座NGC7000:北アメリカ星雲です。相変わらずQBPフィルターのテストを継続しています。(いつになったら本気を出せるのか???笑)QBPのおかげで、金沢市内から4分露出でもバックグラウンドは全然余裕。おかげで、3等星しか見えない空でこんなに写り ...

ちょっと話は前後します。何しろ、夜は天文・昼は雪結晶とやってるので、画像をアップしそびれているモノがたくさん。5月29日2時半頃から撮影し始めた、はくちょう座の網状星雲:NGC6992。薄明開始が早いので、もう時間との競争。それでもQBPフィルターのおかげで、金沢市内 ...

昨夜は透明度もよく。おなじみM13です。かなりトリミングしていますが、TOAのシャープさに助けられています。2020年5月13日 22:59- JST1090mm F7.3ISO3200  90sec×20 + 30sec×20 + ダークSI8→PSCS6 ...

昨夜の準惑星ハウメアとマケマケです。どちらも17等と暗いですが、南中高度が高いので金沢市街からでも割と楽に写ります。2020.5.111090mm F7.3TOA150B+67flattener+LPR2+D810AISO3200 150sec×10フレーム トリミングSI8→PSCS6 ...

今ほど撮影したM61の超新星Sn 2020jfoです。ビックリするほど明るいのですが、これで間違いないですよね?画像中の数字は比較になる恒星の明るさです。15等よりは少し明るいですかね。2020.5.11 20:31~ JST1090mm F7.3ISO3200・150sec×13コマ + ダーク8コマSI8 → PSCS6 ...

3日続けての好天。QBPフィルターのテストを続けています。今夜はM17:オメガ星雲を撮影。さすがに3日連続だと体にくる。このあたりは、そこら中に赤い星雲が散らばっているので、どこをニュートラルのグレーにしたらいいのか分からない。ISO3200・210sec ×20フレーム もう ...

どうも、雲のブログなのに雲じゃない記事ばかりで、、、、。見るべき空がないというか、快晴か悪天かという日が続いています。昨夜は3連続の快晴の夜。昨夜のM20 :三裂星雲です。入手したQBPフィルターのテストの続き。天の川の中にあるので、背景にとても星が多い場所です ...

昨夜(今朝なんですが)撮影したM8:干潟星雲。夜の星々は、射手座、さそり座、、、、もう夏仕様です。 今日は寝過ごすことなく、無事に起きて、新しく入手したクワッド・バンド・パスフィルターのテスト。確かに効きます。金沢の空でも210秒でまだ露出の余裕があります。た ...

明るい大彗星になることが期待されていたアトラス彗星は4月の初めころから核の崩壊が確認され、一気に拡散状になってしまいました。。昨夜、ウチの竹ヤリ望遠鏡で撮影した画像です。強い集光が失われ、一番明るい核の後方が曲がって伸びているのがなんとかわかると思います。 ...

接近中の、今日の金星とプレアデスです。金星が明るすぎて、周囲に奇妙な模様が出てしまっています。2020.4.3 19:29   ISO2000・15sec Photoshop CS6 + Denoise AI Jpegからの安直処理 ...

月齢が大きくなって来たので、晴れ間を逃すとアトラスはどんどん北へ下がってしまします。前回よりは透明度が良かったので、尾も明瞭に写りました。これから、どんどん明るくなります。楽しみ。 ...

どうも、雲のようすが面白くない日々が続いています。雲のブログなのに、雲の記事が少ない、、、、、。昨夜、天気予報では12時頃から曇るはずでしたが、朝方まで晴れていたのでいくつか撮影した中の1枚。りょうけん座のM51、通称子持ち星雲です。まだまだ、撮影も処理もうま ...

どうも再び雲の話が出なくなってしまいますが。昨年撮った馬頭星雲とM33 にTopaz LabsのDenoiseをかけてみました。中間調~暗部のざらつきが滑らかになっていい感じ。昔のヤツを全部処理し直したくなります。けど、重い! ...

最近、天文の世界ではTopaz labsのDenoise Aiというソフトウェアが話題になっているので、ちょっと遅れたけどダウンロードしてみた。簡単に言うとデジタルノイズとシャープ処理を同時に学習して処理する。画像は昨年11月に撮影したM45(プレアデス)の一部分。確かに効果はあ ...

グアムでの金環日食の写真が天文ガイド、星ナビ誌に掲載されましたが、自分が一番気に入っている写真は、実はこれなんです。こんなクリアな日没帯食って、もう一生見ることができないだろうなぁ。 ...

久しぶりに晴れた2月11日、「暗くなった」と噂の(何しろ冬季に晴れないので)、ベテルギウスを記録しておこうと、リゲルとシリウスも一緒に撮っておきました。肉眼では確かに暗くて、オリオン座の形が変わったように見えますが、写真でも暗いのがわかります。フィルターが入 ...

ほ~んとに久しぶりの晴れ間なので、早速撮影の準備。お目当ては2ヶ月ぶりのパンスターズ彗星なんだけど、どれだけ明るくなっているのだろう?ウチは北の方角が金沢市街の街明かりで壊滅的なので、北にいるパンスターズを撮るには、高度が高い早い時間に無理して撮るしかない ...

風邪を引いてはや1週間。ようやく体調が戻ってきたので、グアムで撮影した金環日食の画像を処理。写真は日食全過程。金環前後以外は5分間隔。 ...

帰国後の風邪が思いのほか長引き、まだ頭がぼーっとしています。昨日から少しずつデータを整理中。金環日食の写真って1枚だとあんまり見栄えがしないんですよねぇ。 ...

今夜は透明度もよく良い天気でした。先ほど撮影したパンスターズ彗星です。あっという間に尾も立派になり、はっきりとしてきました。この先が楽しみです。とはいえ、日本海側はこれから悪天候が続きますので、次回お目にかかるのはいつなんでしょうか?ISO3200 210sec×10コ ...

秋ほど上空を飛んでいったISS。10秒露出×11フレーム合成です。インターバルをいれて、2分ほどの経路。 ...

昨夜、ちょっと一眠りのはずが爆睡。寝坊しながらなんとか撮影したIC443・通称くらげ星雲です。どうも、バックが均一にならなかったり、色が変だったり処理も納得できないのですが、、、。うーん下手クソでクラゲに見えん。fl1090mm F7.3 ISO3200 210Sec × 24コマ ダークの ...

6日に撮影した画像の処理をしています。今日はバラ星雲。どうも撮影した画像の周辺減光と、中央部分の色かぶりに苦戦。とりあえず、今日の画像です。 ...

昨夜のメインメニュー、「モンキー星雲」その名前の通り、猿の横顔の形をしています(わかります?)。強力な処理をすると周辺減光が目立ちます。後処理でごまかしているけど、やっぱりフラットフレームが必要なのかなあ。TOA150B + 67Flattener + D810A ISO3200  120sec× ...

昨日、透明度がよかったので、話題の恒星間天体Borisov彗星(16.2等)を狙ってみました。太陽系外から飛来したことがわかった史上2つめの天体。恒星基準のスタックで約1時間の移動のようすです。すぐ近くにほぼ同じ明るさのPCG31052(16.33等)があるので、位置的にはわかりや ...

テストを継続中。昨夜(今朝?)撮影したいっかくじゅう座のバラ星雲。前2日より透明度がよかった分、すっきりした画像が得られた。やはり条件のよくないときにいくら頑張ってもダメだということだね。黄砂の影響がなくなれば、まだいけそうな気がする。テストは続く。ISO320 ...

↑このページのトップヘ