雲三昧 -雲と空の記録と独り言-

2019年8月末にYahooブログから引っ越してきました。 雲好き高じて気象予報士(No.6926)に。 雲と空のアレコレと管理人Akinokoの独り言。WebPage:「雲と空の殿堂」、雲の本もよろしくお願いします!!

カテゴリ: 大気光象 幻日環・120°幻日

ちょっと戻って、、、4月28日の現象の振り返り。 10時25分頃(太陽高度59.8°!! この意味、わかりますか?答えは写真の下に)、南の低い山の上近くの雲が色づいているのを見つけ、慌てて見通しのよい場所に移動。 明らかに環水平アークでしたが、まだそれほど収束してい ...

先の写真から15分後の幻日環。対角線魚眼レンズでの撮影で、中央が「天頂」、四隅が地上になります。(太陽を街灯の傘で隠してあります) 内暈がほとんど見えないのに、幻日環と環水平アークがこれほど明瞭に見えると言うことは、素晴らしく結晶の形状と姿勢が特殊な状態 ...

今日の現象まとめ。 13時過ぎに幻日環発見。撮影に入るも、どんどん薄くなっていきました。一時120°幻日が明るくはなりましたが、発見時が一番明るい状態で、ちょっと残念。 薄い幻日環はその後も1時間ほど出たり消えたりしていましたが、写真に残るほどにはなりませんで ...

速報!   先ほど幻日環と120°幻日が見えていました。 朝から怪しいと思って注意してましたが、あたりです!! 写真は120°幻日か最もはっきり見えていたときのもの。幻日環は少し弱くなっています。   ...

さて、これほど明るい環水平アークなら、他の現象も見られるはずです。   そう、内暈と幻日環のダブルリングです。非常に明るく、明瞭な幻日環が内暈とほぼ同じ大きさに出現し、ダブルリングを作っていました。   私の念願の現象です。 ついにとらえることができまし ...

午前中、ふと空を見上げると、、、幻日環が見えていました。 「しまった!」とカメラを持って屋上へ。みるみる薄くなって消えていきました。 最盛期を逃してしまったようで、ガッカリ。油断禁物です。     見事なハロとのダブルリングだったと思うと、、、、、。 ...

ホンの数分でしたが幻日環と120°幻日が見られました。 前回120°幻日を観測したのが2009年5月ですから、3年6ヶ月ぶりの出会いです。   幻日環は太陽の左、120°幻日を中心に円周の1/3位だけハッキリと伸びています。12mmレンズで撮影しても全体像は全く入らないほ ...

朝、いつものスタバで論文の作成準備。今度はいよいよ学位論文。 一段落していつもの隠れ家へ移動するために外へ。   空を見上げると、、、、、、「!」。 白い筋が円弧を作っています。   短いですが幻日環です。いつから現れていたかはわかりませんが、巻層雲が流 ...

ハロと離れて、水平方向に長く伸びた幻日。そして太陽から幻日に向かってうっすらと幻日環が見えています。 春ですね。   ...

4月26日は全国で各種ハロ・アークがたくさん見られています。 その中で、和歌山県の知人が、とんでもなくレアな現象の撮影に成功していますので、今日は許可をもらってここでご紹介します。   22°ハロ(写真下の方の円)とそれより直径の小さい幻日環(上の円)で ...

夕方車で移動していろと巻雲が広がって来ました。上を見るとすごく明るい環天頂アークが出ています。 「うわ、まずい」と思い、車を止めるところを探しましたが、あいにく町中で車を止めたときには消えていました。 しかし、太陽の形が上下に伸びています。つまり、ア ...

今朝北見を離れました。今、羽田のラウンジで乗り継ぎ待ちです。 朝8時頃、バス停で空港行きのバスを待っていると、巻層雲・巻積雲が流れていて、、、あっ幻日環。見渡すと120°幻日も見えています。超レア現象です。 バスの時刻まであと5分!「まずい!」あわて ...

天頂アークと同時に「幻日環」、「120°幻日」も見えていました。 この両者は日本では非常に出現頻度が低く、見ることが難しい現象です。 今回はどちらも薄かったので、気付くためにはある程度経験が必要かもしれません。特に120°幻日は幻日環がとぎれた先にあった ...

↑このページのトップヘ