雲三昧 -雲と空の記録と独り言-

2019年8月末にYahooブログから引っ越してきました。 雲好き高じて気象予報士(No.6926)に。 雲と空のアレコレと管理人Akinokoの独り言。WebPage:「雲と空の殿堂」、雲の本もよろしくお願いします!!

カテゴリ: 層雲(きり雲)

梅雨入りして、昼も夜も空は面白くない。 今日はも空一面の灰色。地表近くに長く層雲が横たわってる。 ...

地表からおよそ100mくらいの高さ(目視ですが)、金沢市方向の層雲。 8月のこの時期に、この時刻、この方向に層雲があるって、珍しいような気がする。降水で地表付近の湿度が高い上に気温もそれほど上がっていないからでしょう。 ...

大町は朝、まぶしい太陽光が雲を照らしていました。   写真は白馬の山にまとわりつく層雲。 青空との対比が美しいです。金沢ではこんな景色をなかなか見ることができません。   帰途につき日本海が近づくと、案の定、青い空は消えて空はどんより、大粒の冷たい雨の世 ...

北陸は今日も雨。これだけ雨が降る夏も珍しいでです。   2011年に「雲のカタログ」を出版する際に、10種雲形とそれの種+変種+副変種をすべて網羅して、文字通り雲の分類の標準を作ろうと考えました。   それまで撮影してきた雲で、ほとんどは網羅できたのですが、い ...

今日は雨のち曇。エアコンの必要がないほどの涼しさ。 遠くの山々に層雲がかかっていました。     ...

層積雲と層雲です。 ...

昨日の三湖巡りでの雲。   まず屈斜路での光景。 車で美幌峠を上っていくと、ある高度まで上ったところでスパッと雲の中に入りました。 雲底がハッキリしている層雲です。     屈斜路から摩周湖への移動中、硫黄山近くでの層積雲。山頂にかかって笠雲のようにも ...

昨日の雲。 層積雲の下、山地地形(およそ500m)の上に濃い層雲が、すごい勢いで流れて伸びていました。 写真右から左へどんどん流れています。       それにしても、層雲は写真になりにくくて、いつも苦労します。 ...

朝から降り続いています。 遠くの建物のすぐ上に層雲。まるで漬け物石みたいで、重そうです。   ...

今日は一日雨。どんよりした空でした。 夕方西の空に指呼し隙間ができ、 夕日が差し込んで、低い乱層雲だけを照らしてくれました。       ----------------------------------- akinokoの新作「雲のカタログ」と「驚くべき ...

長岡滞在2日目。 台風15号が接近して、ここ長岡も雨が降っています。 学会会場へ向かう途中、山沿いにきれいな層雲が見えていました。見通しのよいところへ移動してみると、延々と層雲が続いて、上空の乱層雲と対比を見せています。   層雲がこれほどこいということは、 ...

昼過ぎ、山間の谷間から塔状の層雲の次々に塔状に伸びて上昇していきました。   左の雲のようにひょろっと長い層雲です。とても珍しいというか変わった雲ですが、種別で言うと「断片雲」に分類されます。   山の木々には今朝降った雪が白く積もっています。   ...

日本付近に寒気が近づいているようです。   今日、800mほどの山の頂付近に、長い時間まとわりついていた層雲。   ...

朝から小雨がふっています。 車で走っていると山際に層雲がかかっています。 迷わずハンドルを切って、山の方へ。 層雲観察です。     ...

朝から小雨が降り続け、時々雨脚が強くなったりしています。   遠くの山々には層雲が等高線のように一直線状にかかっています。じっと見ていても、形こそ少し変わりますがほぼ同じ形状のまま継続しています。   おそらく、この雲の上には気温の逆転層があって、上昇気 ...

小雨が続き、とても蒸し暑い1日でした。 仕事場から見える山並みに、見事な層雲ができていました。   ...

今日も朝から雨。台風9号が日本に接近中です。 金沢の南東の山沿いには層雲がべったり張り付いて山の頂を覆い隠しています。 写真はその中の低いもので山の中腹(300mくらいでしょうか)を流れている層雲です。 これだけ雨が続くと家の畳や布団、床が何か湿 ...

梅雨も近づいてきているのに気温が低い日が続きます。こんな時はある日突然暑くなって、家電のエアコン関係売り場が大混雑したりするのでしょう。 今日は霧雨。遠くの山々には層雲がかかっていました。車で近くまで行って撮影。 雲は「家にいながら楽しめる自然」 ...

朝のうちはちょっと空気が湿っぽく、霧雨が舞っていました。 金沢の南の山の方を見ると層雲が山肌にべったりくっついていたので、車で10分ほど移動して流れる様子を見ていました。 層雲は山付近でできやすいのですが、山の近くは送電線の鉄塔と電線がそこら中に走っ ...

↑このページのトップヘ