雲三昧 -雲と空の記録と独り言-

2019年8月末にYahooブログから引っ越してきました。 雲好き高じて気象予報士(No.6926)に。 雲と空のアレコレと管理人Akinokoの独り言。WebPage:「雲と空の殿堂」、雲の本もよろしくお願いします!!

カテゴリ: 望遠鏡・観測所

Televueのソルサーチャーとタカハシ鏡筒用ブラケットが到着。 12月末のグアム金環日食の撮影機材がようやく全て揃った。一応まとめとこう。フィルター : 笠井SF100鏡 筒 : タカハシFS60Q拡大系 : Kenko Teleplus HD PRO 1.4カメラ : Nikon D810A架 台 : ポルタミニファイン ...

12月の金環日食機材の準備、選定中。今日、k-astecから軽量鏡筒バンドが到着。バランス確認のため仮組み。金環だから自動追尾は不要なので軽量化のため、今のところ、FS 60Q + デジスコドットコム・ジンバル雲台 + カーボン三脚で行こうかと考えている(カメラはD810の予定 ...

12月の金環日食は この鏡筒で行こうかと思ってる。FS60Q D:60mm fl:600mm。 高度が低いので、ただ眺めて楽しむという手もあるんだけど根が貧乏症なので。 架台も、赤道儀は面倒だから適当な機材を選定中。 ところで、来年の台湾金環はどうしようか? ...

昨日は曇ってきたので自転車で出動は取りやめて、観測室の掃除とちょっとしたメンテ等。ケーブルの取り回しの見直しも。オートガイダー、ヒーター、PC、コントローラーのケーブルをスパイラルチューブでまとめて、架台が動いてもテンションがかからないように、ケーブルに適 ...

今年になって、自宅の近所には次々にLEDの街灯が設置されている。なんで、上向きに光を打ち上げるんだろ?観測室の中にまで光が入ってくる。 で、愛機TOA用の手頃なフードを探してたんだけど、やっと手に入った。スターベースが販売してるミューロン180C用巻き付けフード。 ...

我が観測所の主砲TOA150Bでディープな世界へ足を踏み入れようと思っているのです。今まで35mmフルサイズのD810Aと35フラットナーを使ってテストしていたのですが、周辺減光が酷くて(イメージサークル44mm周辺で光量が60%)ウンザリしていました。APS相当にクロップして ...

またやってもーた。 今回はTOA-67 Flattener。「なんだそれは」と言われる方もいらっしゃるでしょうが、それは幸せな方々で、、、、。これを使うと我がTOA150Bはfl1090mmの5群5枚高性能フラットフィールド望遠鏡に。... 実際、手にすると「重い!」。小型一眼レフ1台分くらい ...

我が観測室の主役、TOA150Bがメンテナンス・点検から帰ってきた。 最大4ヵ月かかると言われてたんだけど、異常ないという事で、クリーニングと調整のみ、3週間という予想外の短期間の入院。 で、このまま嫁に出そうか思案中。皆さん、買いませんか?バンド、プレートそ ...

サーモグラフ撮影テスト。 ほうれん草炒めと氷の入ったグラス。FLIR:E4で。 左上の31.9℃というのは写野中心の○部の温度。室温のビンや缶は埋もれているので、温度分布がよく分かる。 何のテストかって?... 我が竹ヤリ観測室の断熱状況の把握。この前入れた発泡ス ...

愛機TOA150の対物レンズにピンポイント状の汚れ(?)が ついていたので、念のためメーカーに点検・メンテを依頼。 本日、気温も下がり天気も回復したので、鏡筒をEM400から下ろしました。いつの間にやらいろんな付属品やコードがついている上に、20kgほどあるTOA万が一、 ...

暑くなって来たので、スライドルーフの断熱アップの試み。    ニッシンのスライドルーフ(SR2524)を使っているのですが、ルーフの断熱は4mmのウレタンだけです。夏場はどうしても室内温度が上がり、観測する際に(サーキュレーターを使って空冷しても)望遠鏡の温度順応 ...

その世界でわかる人だけわかる話。 タカハシTOA150のファインダーの暗視野照明装置が点灯しなくなった。買ったときから調子が悪かったのだけど、とうとう昇天。交換しようと思ったら、こんな小さな「電池でLEDがつく」だけの装置がなんと9800円!  で、笠井トレーディング ...

やっと北陸の冬も峠を越えた感じなので、そろそろ冬眠から冷める準備をしようと。 昨年、購入しておいたオートガイド用のカメラの取り付けと動作確認。QHY 5L 2のCMOSカメラとKOWA LM100JCの組み合わせでできている、K-ASTEC製のユニットの取り付けと調整。 ... ...

一部の人にしかわからない話。 結局買ってしまった、TOE2.5mm。   ホントは双眼装置用のアイピース(6~7mm)を2本買うつもりだったんだけど、先日ちょっとテストしたアイピースの中では飛び抜けてコントラストと解像度がよかったので、、、つい。 これをTOAで ...

天気が良くないのでヒマつぶし。 我が観測室名所巡り、、、その1(笑)。 ・まずは、TOAの鏡筒バランスウェイト(上) 双眼装置やらカメラやら付けたり外したりすると、バランスが崩れて面倒なので、イロイロ考えてこの形に。スカイメモ用のバランスウエイトを流用。   ...

一昨日、久しぶりの晴天でしたので、お借りしていたアイピースの比較テストを行いました。 アイピースはVixen HR2.4mm HR2.0mm / LV2.5mm タカハシ TOE2.5mm そして Televue Radian3mm(写真は5mmが写っていますがテストは3mm)。 詳しい結果は「大人の事情」で ...

金沢はここ10日ずっと雨、曇。  雨が落ちていないので、1年ぶりにずっと汚れが気になっていたTOA150の対物レンズのクリーニング。 観測室内で、ずっとキャップもしてあるのに、細かな油汚れみたいなものがいっぱい。 さすがに、ちょっと気を使う。カメラレンズや小さな ...

普通の(?)人にはわからない話。 次回比較テスト予定のアイピース4本。このうちRadian 5mmは2倍powermateを使って焦点距離を合わせる。けど、powermateは2インチだから結構めんどくさいなぁ。 TOAだと2.5mmのアイピースで440倍!いくら何でも限界に近いので、好気流の ...

観測室1階部分の強化工事。柱を水平に固定して、柱の共振による微振動を防ごうという考え。 1階部分は家の外部収納として使えるようにしてあるのですが、高さが3m以上あります。強度について、さんざん言ったのにアホ工事業者が私の要求に答えられなくて、どうしても微震 ...

ほとんどの人には理解できない話。 惑星のシーズンが終わりつつある今になって、近くの望遠鏡ショップUCトレードから惑星用アイピースを借りてきた。 左は手持ちのTelevue Radian 3mm。2番目はタカハシのTOE3.3mm、右の2本はビクセンのHR3.4mmと2.4mm。 これを ...

天体写真用のHDDの7月1日から8月5日までの保存フォルダ。日付が入っているので、この間どれだけ出動したかがわかる。 中四国豪雨のあった7月はじめを除いて、夜中はほとんど出ずっぱりだったわけ。 7月8日からは11、12日、28日の3日以外の26日間も出動。特に13日から ...

今夜はワールドカップ日本戦もあり、忙しくなりそう。 夜に備えてCMOSカメラのクリーニング。 ほぼ密閉されているのに、ホコリや汚れがつくので定期的クリーニングが必要。 ナニナニ?何のことかわからないって?いいんです。わかる人も、たまにはいるのです。 ...

明日から明後日にかけて、台風が日本の太平洋側を通過予定。 金沢は風の影響は少ないと思うけど、とりあえず準備。 ルーフにアンカーをかけて、望遠鏡にはシートをかけ、換気扇は止めておく。 雨の中、心配して観測室に入るのは嫌だから降ってこないうちに準備完了 ...

今日は暑かったぁ。 帰宅してすぐに、夜の活動(笑)のためにルーフを開放し、愛機を外気順応させてる。 5時半すぎても観測室の中は28℃。 BGMはサカナクション。 虫が入ってくるようになってきたので、今日からブタも出陣。 ...

愛機TOA君は今日も出番に向けて準備完了です。 暑かったので早めにルーフを開けて、温度順応。天気が良いので、最近彼は出ずっぱりです。 と、このブログはホントは雲と空のブログなんですが、空にはここ数日雲ひとつないんです。 ...

昨年秋から、観測室下1階の外部収納に雨漏りが発生。 クレームをいれていくつか対策してもらったものの止まらず、原因が分からないままに、ひと冬経過。 残るは、渡り廊下の手すりの継ぎ目ではないかという事で、今朝から工事中。おかげで、こんなに天気がいいのに家に足 ...

メモ:昨夜の撮影時の接眼部。 TOA回転装置 → バーダークリックストップアダプター → 50mm延長筒 → 80mm延長筒 → 4×powermate → Televueアダプター → ZWO ADC → ASI290MCカメラ 長ーい! メモしとかないと、接眼部のアクセサリを換えると何をどう接続した ...

火星の大接近に備えて購入した新しい撮影用の小道具、ZWOのADC(atmospheric dispersion corrector)。 大気による色分散を補正して、低空の天体の分解能低下を押さえるための装置。CMOSカメラの直前に装着します。 デジタルの世界では、いろんな装置、手法がどんどん ...

ほとんどの人にはわからない話。 またまたやってしまいました。 今度はASI1600MC Pro。ついこの間モデルチェンジしたばかりのマイクロフォーサーズサイズの冷却カメラのニューモデル。 この前双眼装置を導入したばかりなので、さすがに躊躇しましたが、購入資金の問題 ...

ほとんどの人には関係ない話。 望遠鏡を使っていると、暗い中でアイピースや撮影機材の交換をするときに、パーツをパッと取り出したり、外したものを置くときにどこに置けば良いか困るときがあります。双眼装置を使い、2本のアイピースを交換するときにはなおさら。 何 ...

↑このページのトップヘ